Hiro's Library
気に入った本、DVD、CDなどを厳選して載せていくメモ的ブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陽はまた昇る
WS000001.jpg
陽はまた昇る [DVD]

時は70年代。
ビクター(VHS)とソニー(Betamax)のビデオ戦争の話です。
ご存知の通りVHSが勝ったのですが、
その裏には様々なドラマがあったようです。

主人公は会社から認められていない開発を
嘘の申告をしながら極秘に3年以上続けます。
規格統一が最重要と考えた主人公は、
どうしてもわかってもらえない会社を見切り、ある方法に打って出る。

その道中妻が脳梗塞で倒れるも、仕事を優先。
病床で父をなじる息子に、妻は夫に対する思いを伝えます。
実話に基づいて作られたとのこと、今の時代からはとても信じ難い。
だからこそ今、学べるところがとても多い映画でした。

一般に、家族は仕事が見えないゆえ特に忙しい父親は
仕事優先で自分勝手なイメージがつきまといます。
この映画では、最後のシーンで父が築いてきたこと
(もの以外の方が大きい)を家族が確認できる救いがあります。

悲しいことに仕事に打ち込んで結果を出せば出すほど
それに反して家族は犠牲になることが多く、その為に能力があっても
仕事が続けられなくなる方は多いと思います。
ヒットする商品の影には、色んな人間ドラマがあるのだと
あらためて感じました。

ところでこの映画に出てくるメーカー名等は実在で、
デッキの試作機も保管されていたものを修理して使用しています。
また、元ビクターの方々も撮影指導されているので
とても臨場感にあふれた仕上がりになっています。

見どころは主人公の西田敏行とその補佐役の渡辺謙とのかけあい。
また、主人公の妻役の真野響子の存在。
西田敏行さんは釣りバカ等でみるコメディ風イメージが大ですが、
この映画ではそんなシーンは無く、とても器の大きい演技も見どころ。
西田さんの凄さがあらためてわかる映画でした。

ビジネスマンは尚の事ですが、
そのご家族にも見て頂きたい1本です。


■関連書籍等
沈まぬ太陽 スタンダード・エディション(2枚組) [DVD]陽はまた昇る―映像メディアの世紀 (文春文庫)「窓際族が世界規格を作った」~VHS・執念の逆転劇 ―執念の逆転劇 (プロジェクトX~挑戦者たち~)



スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。