Hiro's Library
気に入った本、DVD、CDなどを厳選して載せていくメモ的ブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
able(エイブル)
エイブル

■内容:ableの会HPより
『able』は、知的発達障がいのある青年2人のある日常を追ったヒューマン・ドキュメンタリー作品です。1999年、知的発達障がい者のスポーツ活動を支援する、スペシャルオリンピックスの活動を紹介した報道特集番組が放映されました。制作担当の小栗謙一監督は、撮影を通じて知的発達障がい者と彼らを支える家族、ボランティアたちの熱意に深く心を打たれ、日本のもっと多くの人々に、彼らのありのままの姿を知ってもらおうと、映画『 able 』の制作を企画しました。

■My Review
小栗謙一監督撮影の一連の『able』シリーズは
知的発達障がい者をテーマに製作されています。
映画『able』はその第一作目にあたります。

この映画は、ダウン症の青年と自閉症の青年が、
アメリカで3ヶ月間ホームステイをした時の様子を
撮影したドキュメンタリー映画です。

私はアメリカのホストファミリー(夫婦2人)が2人に対して
とてもあたたかいのにまず驚き、2人の青年が回りの愛情を
一身に受けてアメリカで成長して行く過程を見て、
障がいに対しての先入観が変わりました。
特に、学校ぐるみで福祉に関わっているアメリカの学校が
とても印象に残りました。

3ヶ月の間、家族として一緒に暮らしていく中で生まれる
人と人との感情の移り変わりがとても見どころがありました。
初めは皆とても不安そうな様子だったのが、日を追うごとに
だんだんと変わっていく様子も見逃せません。

受け入れ先のアメリカ人夫婦は、障がいを持つ青年2人が、
日に日に前向きに成長していくのを目の当たりに見て、

「もしどちらかでも私たちの子どもであったなら
 どんなにか誇らしいだろう」

と泣きながら話していました。
障がいを持つ青年たちから大切なことを学ぼうとする
アメリカ人夫婦に私は見習うところがとても多いです。
心があたたかくなるとても素敵な映画です。


■関連書籍

ableドキュメンタリーを作るということ―あるがままになるがままに

 ◆able(エイブル)~My Review
 ◆Host town(ホストタウン:DVD)~My Review


■関連リンク

 ◆ableの会
 ◆「able」DVD販売情報(ableの会HPより)
 ◆認定NPO法人 スペシャルオリンピックス日本


スポンサーサイト

テーマ:障害児と生きる毎日。 - ジャンル:育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。