Hiro's Library
気に入った本、DVD、CDなどを厳選して載せていくメモ的ブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「捨てる!」快適生活―部屋スッキリの法則
「捨てる!」快適生活―部屋スッキリの法則
飯田 久恵
三笠書房
売り上げランキング: 11297
おすすめ度の平均: 4.5
5 整理についてここまで書くとは
4 お金持ちへの第一歩。
5 捨てる基準がわかる
4 捨てるメジャメント
4 収納以前の根本的な問題を

■My Review
主婦でない私はこの本を読んで、「整理・整頓」、「収納」に
関して大まかに知るには、著者の本だけで十分だと感じました。
先日同じ著者の「片づく収納、片づかない収納」を読んで、
「整理」「収納」「維持」という家を快適に過ごせる為に
必要なことの流れ全般を大まかに理解できました。

著者はこの本で、快適に過ごすための基本である整理について、
本の9割程度も使って徹底して書いています。
そしてその中でも一番重要な「捨てる」については、
驚くほど多くのテクニックを紹介しています。

前回の本は、大変イラストが多く読みやすかったのですが、
この本はページ数も多く結構読み応えがある本でした。
その分「整理」に対する著書の考えがよく伝わってきます。

著者がどの著書でも提案されているという、
「モノが片づく5つのステップ」とは、
「住まい全体の”体質改善”的整理収納」だと著者は言います。
これはよく聞く”対処療法的な収納”とは一線を画すもの。
この方法は、誰にでも、どの場所でも(オフィスなど)使える
収納の考え方だそうで、単純明快にまとめられていることから、
誰にでも有効な方法だと思いました。

少し飛躍するかもしれませんが、この「5つのステップ」は
"心の管理"にも同じことが言えると思いますので、著者が言う
「これをすることで人生が変わる」という言葉は、とても
うなずけるところが多いと思いました。

"5つのステップ"は、「予約なしに人を呼べるような家にしたい」
という多くの切実な悩みから生まれたらしいのですが、著者は
それをどのように実現するのか系統立てて説明しています。
書かれていたことは、収納に関する長年のカウンセリング経験と
相まって、かなりの説得力がありました。

その他に参考になったのは、さまざまな生活アイテムの
各家庭での必要ストック量やその捨て方(分別方)についての章。
それがわかれば、最小限どの程度手持ちがあればいいのか
見当がつきます。他にも整理の次のステップ、
「収納」「維持」に関しても簡単に書いてありました。
著者はいい仕事をしていると思います。


■関連書籍

片づく収納、片づかない収納 (PHPエル新書)

 ◆片づく収納、片づかない収納~My Review


■関連リンク

 ◆飯田久恵の「ゆとり工房」

スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。