Hiro's Library
気に入った本、DVD、CDなどを厳選して載せていくメモ的ブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神の子たち―パヤタスに吹く風
神の子たち―パヤタスに吹く風
葉 祥明
中央法規出版
売り上げランキング: 732443
おすすめ度の平均: 5.0
5 映画を見れば理解が深まり

■My Review
この絵本は、映画「神の子たち」のストーリーに
忠実に作られています。
フィリピンのゴミ処理場での複雑な問題を、
著者が絵本ならではのシンプルさをもって問いかけます。
問いかけはもちろんゴミのことだけにとどまりません。

表紙からもわかりますがとてもやさしい感じの絵で、
人々の小さな顔には全く表情がありません。
それだけに、このゴミ処分場の世界の生々しさが何かしら
メルヘンのようにも映り、とても心に響いてくる絵本でした。

シンプルな構成だけに、考えながら読み進めやすく、
終始共感を持ちながら読むことが出来ました。
映画を見れば、より理解が深まる本だと思います。

この本は全文、日本語と英語訳の両方で書かれています。
巻末には、パタヤスゴミ処分場の説明や、登場家族の紹介、
四ノ宮監督の「神の子たち」の映画紹介等がカラー写真入で
掲載されており、資料としても大変参考になりました。

この本の収益の一部は、パタヤスの貧困者の
自立支援の為に使われるそうです。


■関連資料

神の子たち [DVD]忘れられた子供たち~スカベンジャー [DVD]

 ◆神の子たち(DVD)~My Review
 ◆忘れられた子供たち(DVD)~My Review


■関連リンク

 ◆葉祥明オフィシャルサイト
 ◆神の子たち
 ◆オフィスフォープロダクション

 ◆パタヤスゴミ処理場の現状(2005年1月)


スポンサーサイト

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。