Hiro's Library
気に入った本、DVD、CDなどを厳選して載せていくメモ的ブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タオル一本で家中ピッカピカ
タオル一本で家中ピッカピカ―手間もお金も場所もいらないプロの方法
沖 幸子
大和出版
売り上げランキング: 99227
おすすめ度の平均: 4.5
5 週末早速!
4 タオル一本で「そこそこキレイ」
4 具体的なそうじはこれで学びま
4 癒しの掃除本
5 お掃除が嫌いなあなたへ

■My Review
著者は「沖マジック」で有名な掃除界の超カリスマ。TVにも
よく出演している方なのに、私は恥ずかしながら知りませんでした。
著者は18年前に掃除会社を設立したというこの道のプロ。
「タオルはプロの命」とまで断言されています。
そのプロの命であるタオルを使ってのさまざまな掃除の仕方を、
私のような掃除初心者でも大変わかりやすく、
絵入りで具体的に説明されています。

掃除の基本動作は、「はたく」「掃く」「ふく」「磨く」の4つ
だそうで、プロの間では「そうじ動線」と呼んでいるそうです。
この基本動作4つ全てをタオル一枚でやってしまうという
目からウロコの一冊でした。 掃除場所も、以前からここの掃除は
どうすればいいんだろうと思っていた場所を全て網羅している
ところがとてもうれしかったです。

「窓」「台所回り」「風呂」「トイレ」にはじまり、
「床」「壁」「天井」「家具」「照明器具」まで、タオルを
どのように使って掃除をすればよいのかしっかりとレクチャー
してあります。 私がうれしかったのは、汚い時にはどうやって
汚れを落とすかということも勉強になったのですが、
何日に1回掃除をするかについて、場所ごとにそれぞれ説明
してあったところです。著者は、汚れる前に掃除することを
勧めており、汚れる前というのは目で汚れを確かめるのが
大変わかりにくいので、これはとても参考になりました。

この本で、繰り返し強調されているキーワードは、
「1日5分、15分以上はしない」「1度(1日)に1ヵ所づつ」
「そこそこキレイ」。 これなら、自分も出来るかも。
使用するタオルは、旅館でもらう程度のペラペラなもので
いいらしいので、週末にでもタオルを準備しようと思います。
2分の1や4分の1に切って使うところもあります。

この本は、適度にかわいい絵が挿入されており、
とても読みやすい構成で書かれていました。内容も、すぐに
実践に移すことが出来る内容でしたので、読んで正解。
素材がタオルというシンプルなものなので、ひょっとして
もっと面白い使い方を発見できるかもしれません。


■関連書籍

ドイツ流 掃除の賢人―世界一きれい好きな国に学ぶ (知恵の森文庫)ドイツ流 暮らし上手になる習慣 世界一無駄のない国に学ぶ (知恵の森文庫)生活美人 (PHP文庫)


■関連リンク

 ◆OKI SACHIKO LIVING

スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

「捨てる!」快適生活―部屋スッキリの法則
「捨てる!」快適生活―部屋スッキリの法則
飯田 久恵
三笠書房
売り上げランキング: 11297
おすすめ度の平均: 4.5
5 整理についてここまで書くとは
4 お金持ちへの第一歩。
5 捨てる基準がわかる
4 捨てるメジャメント
4 収納以前の根本的な問題を

■My Review
主婦でない私はこの本を読んで、「整理・整頓」、「収納」に
関して大まかに知るには、著者の本だけで十分だと感じました。
先日同じ著者の「片づく収納、片づかない収納」を読んで、
「整理」「収納」「維持」という家を快適に過ごせる為に
必要なことの流れ全般を大まかに理解できました。

著者はこの本で、快適に過ごすための基本である整理について、
本の9割程度も使って徹底して書いています。
そしてその中でも一番重要な「捨てる」については、
驚くほど多くのテクニックを紹介しています。

前回の本は、大変イラストが多く読みやすかったのですが、
この本はページ数も多く結構読み応えがある本でした。
その分「整理」に対する著書の考えがよく伝わってきます。

著者がどの著書でも提案されているという、
「モノが片づく5つのステップ」とは、
「住まい全体の”体質改善”的整理収納」だと著者は言います。
これはよく聞く”対処療法的な収納”とは一線を画すもの。
この方法は、誰にでも、どの場所でも(オフィスなど)使える
収納の考え方だそうで、単純明快にまとめられていることから、
誰にでも有効な方法だと思いました。

少し飛躍するかもしれませんが、この「5つのステップ」は
"心の管理"にも同じことが言えると思いますので、著者が言う
「これをすることで人生が変わる」という言葉は、とても
うなずけるところが多いと思いました。

"5つのステップ"は、「予約なしに人を呼べるような家にしたい」
という多くの切実な悩みから生まれたらしいのですが、著者は
それをどのように実現するのか系統立てて説明しています。
書かれていたことは、収納に関する長年のカウンセリング経験と
相まって、かなりの説得力がありました。

その他に参考になったのは、さまざまな生活アイテムの
各家庭での必要ストック量やその捨て方(分別方)についての章。
それがわかれば、最小限どの程度手持ちがあればいいのか
見当がつきます。他にも整理の次のステップ、
「収納」「維持」に関しても簡単に書いてありました。
著者はいい仕事をしていると思います。


■関連書籍

片づく収納、片づかない収納 (PHPエル新書)

 ◆片づく収納、片づかない収納~My Review


■関連リンク

 ◆飯田久恵の「ゆとり工房」

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

片づく収納、片づかない収納
片づく収納、片づかない収納 (PHPエル新書)
飯田 久恵
PHP研究所
売り上げランキング: 182671
おすすめ度の平均: 5.0
5 収納の考え方が変わった!
5 目からウロコが1ダース落ち

■My Review
この著者はかなりの仕事人だと思いました。
整理整頓、収納に関して、とことん突き詰めた本です。
この本を読んで収納の考え方が全く変わりました。
私は「収納」とは、タンスや押入れ等にきちんと物を納めること
しかないと思っていました。その考えが間違いだったとは…。
収納の最大の目的は、「入れるため」でなく「使うため」だそう。

著者はよりよく物を「使うため」に、「収納指数」なる基準を
考案しています。指数といっても、とてもかんたんなもの。
何かをする時の、行動(歩数、アクション等)を指数(数値)
にして、一連の作業で積み重なる指数を合計します。
その指数を少なくすることで、行動がシンプルになり、
時間が節約でき、快適になる。その為に必要であれば物の配置
を変えたり、家具を買うといったことも提案しています。

掃除、洗濯、料理、洗い物などの家事はもとより、
服の着替え、雑誌を読む、音楽を聴くなど何をとっても、
家の中で行動することは大変多いと思います。
その全ての動きを出来るだけシンプルにして、時間と労力の
節約をし、快適な生活を送ることが出来れば、著者の言う通り
本当に人生が変わるかもしれません。そして、そのような
快適な生活を送るために必要な方法を、整理や収納をベースに
5段階で説明しています。

初めのステップのみ簡単に説明すると、
「いらないものを見極め、処分する」ことから始まります。
これらは、言うのは簡単ですが実行するのは大変難しいもの。
これを簡単にするノウハウもしっかりと書かれています。
この部分に関しては、同じ著者の、
「『捨てる!』快適生活」に詳しく載っているそうです。

この本は、とても読みやすくわりと短時間で読めました。
具体的なイラストや写真も入っており、内容も良かったです。
こんなに気持ちよく読ませてもらったのは家事本に限らず
久しぶり。良い本だと思います。


■関連書籍

「捨てる!」快適生活―部屋スッキリの法則

 ◆「捨てる!」快適生活~My Review


■関連リンク

 ◆飯田久恵の「ゆとり工房」

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

生姜と葱の本―蘇先生の家庭薬膳
生姜と葱の本―蘇先生の家庭薬膳 たっぷり食べて体質改善
蘇 川博 下川 憲子
農山漁村文化協会
売り上げランキング: 34311
おすすめ度の平均: 5.0
5 簡単で美味しく、身体にも良い
5 生姜と葱好きな方はぜひ!
5 安くて簡単!体が温まります♪
5 私の鼻が証人です
5 簡単に取り入れられる

■My Review
この本には、"生姜"と"葱"をたっぷり使ったレシピが
50品も掲載されています。レシピの特徴は、

・ほとんどフライパン一個で出来ること
・15分くらいの調理時間しかかからないこと
 (私はもっとかかりましたが)
・身の回りの調味料で簡単にできること
・油の使用が少ないこと

生姜と葱をたくさん使う独特なレシピが次々と出てきます。
著者は、中国人の医者と日本人の先生なので、その内容には
とても説得力がありました。

私も"生姜"や"葱"は薬味程度にしか使わないことが多いのですが、
実はこの"生姜"と"葱"に体質改善の鍵が隠されていることが
わかりやすく書いてありとても勉強になりました。

何品か実際に作ってみましたが、
やはり体が温まり新陳代謝が活発になる印象があります。
個人的には"豚肉と生姜の炒め"がお気に入り!!
今後もどんどん活用していきたい本です。


■関連書籍

トマトときゅうりの本―蘇先生の家庭薬膳 冷え・抗がん・抗老・美容・ダイエットに! (蘇先生の家庭薬膳)


■関連リンク

 ◆生姜と葱の本HP


テーマ:簡単おいしいレシピ - ジャンル:結婚・家庭生活

気持ちが伝わる声の出し方
気持ちが伝わる声の出し方
絹川 友梨
角川書店
売り上げランキング: 51307
おすすめ度の平均: 4.5
5 とても応用の利く本
4 声に自信のない人に
5 声美人

■My Review
この本では今まで読んだ発声法やコミュニケーションの
ハウツー本とは全然違ったレベルでの気づきをすることが
できたように思います。

この本を購入した理由は、生後4ヶ月だったダウン症の息子
に関係しています。障がいを持った息子を育てていく為、
子育てには声が大変重要であると気づいたのが直接の理由。
特にダウン症児はことばの発達が遅れるとのことから、
私自身が言葉や発声に関して詳しく知りたいことと、私自身
声が通りにくい方なので尚更興味を持ちました。

この本を読んで納得したことは、いくら発声法の訓練をしても、
「~の方法」なる本を実践しても、自分が思った理想の声に
ならない理由がよくわかったことです。根本的なことを
この本は教えてくれました。

著者は"インプロ"(インプロビゼーションの略で即興の意味)
の舞台をされています。インプロとは、観客の前で、台本、
シナリオがない状態で舞台をする形式のもの。最近注目を
浴びている舞台の形式だそうです。

著者はその舞台をしながら、老人、主婦、サラリーマン、
学生、子どもたちなどに対して、コミュニケーションの
ワークショップを開催しています。その豊富な経験から
書かれたこの本は、とても素晴らしいものでした。
もちろんどのようにして良い声を獲得していくかの練習も
載っていましたが、本当に楽しそう。

さまざまな話を教材にしており、(小説、映画、歌舞伎、俳句、
詩、CM、戯曲などなど読むだけでもかなり楽しい!)
よく一冊の本にこのような濃い内容をまとめられたなと
感心しました。この本はコミュニケーションなどに興味を
持っている方にとって大変応用が利く本だと思いました。


■関連リンク

 ◆インプロ・ワークス


テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。